「クラチャイダム」とは何なのか、聞いたことのある言葉だけどどのようなものなのか、知っているようで知らない「クラチャイダム」に注目していきます。またアミノ酸の一種として知られ、発育期の子供の成長に欠かすことの出来ない、成人になっても健康に体を維持するために必要なアルギニンとの関係について、驚くような効果があるのだということがわかりました。

クラチャイダムとアルギニンのそれぞれの効果と役割について

「クラチャイダム」とはタイでは国が安全と認める植物であり、1000年以上前から飲用されています。日本では「黒しょうが」や「黒ウコン」などと呼ばれています。ストレスの緩和や血液をサラサラにする必須アミノ酸やビタミンB群が豊富に含まれているほか、ホルモンのバランスを整える作用があると言われています。また「アルギニン」にもホルモンの分泌を促す作用があるとされていて、「マカ」の約2.5倍の効果があると言われています。

クラチャイダムとアルギニンは身近な存在

タイが原産国であるクラチャイダムは、1000年以上も人々に愛飲されてきました。それだけ人々にクラチャイダムを飲むことで生まれる効果が、今に至るまで信じられてきたことにもつながります。また日本では名前は違うものの、黒しょうがや黒ウコンと呼ばれ食に取り入れてきました。アルギニンもクラチャイダムもホルモンの分泌を促す作用があり、二つの相乗効果は大きな役割があります。